効果は違うの?育毛剤における医薬品と医薬部外品の違い

育毛剤の商品パッケージを注意深く眺めていると、「医薬品」や「医薬部外品」と記載されている箇所があると思います。

あなたはこの「医薬品」と「医薬部外品」の違いを説明できますか?

医薬品と医薬部外品の違い

医薬品とは・・・

医薬品は医師の処方に基づいて管理されている薬だという意味です。使用した際の効果や副作用、安全性などを厚生労働省などが認めたものと定義されています。

医薬部外品とは・・・

一方の医薬部外品は医薬品と比較して効果が少ないですが、身体に一定の改善効果があるものと定義されています。また、明確は使用量などの規定はなく、成分表示が指定される程度となっています。

つまり、育毛剤においても医薬部外品よりも医薬品の商品の方が効果が期待出来るということです。

大半の育毛剤は医薬部外品と表示されています。一定の効果があると認められる成分は含まれていますが、実際の効果は保証されていません。

医薬品の育毛剤

では、医薬品として明記されている育毛剤はどのような商品があるのでしょうか?

ミノキシジル

頭皮の血管拡張を促す成分です。国内では大正製薬から発売されているリアップX5プラスが有名ですね。海外ではロゲインが有名です。

フィナステリド

薄毛や抜け毛の原因となるDHTの生成を抑える成分です。プロペシアが有名です。

塩化カルプロニウム

血管を拡張し、頭皮の血流を増加させるはたらきがある成分です。第一三共ヘルスケアから発売されているカロヤンシリーズが有名です。

AGAクリニックでは上記のミノキシジルとフィナステリドを併用して治療するケースが多いです。

医薬品の分類

医薬品はさらに細かく第1類・第2類・第3類に分類されています。

第1類医薬品

第1類医薬品をドラッグストアなどで販売する場合は利用者が直接手の届かないところに陳列されています。また、販売する際は薬剤師が商品に関する情報を伝えることで初めて販売することができる仕組みになっています。第1類医薬品となっているのがリアップX5プラスです。

ドラッグストアでリアップX5プラスの商品を手に取ったらわかると思いますが、パッケージのみが陳列されていて、中身が入っていません。

第2類医薬品

第1類医薬品のような商品情報の提供は義務づけられておらず、努力義務となっています。

第3類医薬品

第1類・第2類医薬品以外の医薬品のことを指します。商品情報の提供を受けずに購入することができます。

第3類医薬品としてはカロヤン・プログレシリーズが該当します。

医薬品は副作用の危険があります

医薬部外品よりも医薬品に該当する育毛剤の方が効果が高いのは事実ですが、その反面、副作用が現れる可能性も高くなります。特に第1類医薬品の育毛剤は注意してください。

最近ではインターネットで医薬品の個人輸入サイトも存在していて、そのサイトからミノキシジルとフィナステリドなどを購入することができますが、副作用などが出た場合は危険です。

ミノキシジルとフィナステリドなどを初めて使用する場合は必ずAGAクリニックで医師の指導の下で使用するようにしましょう。

そのため、医薬品に該当する育毛剤を使用する場合は副作用に注意しながら使用するようにしてください。

まとめ

もちろん医薬部外品でも効果のある育毛剤はいくつか存在します。実際に医薬部外品の育毛剤を使用し続けることで薄毛の症状が改善された利用者もたくさんいます。

また、実際にリアップX5プラスなどの医薬品を使用して副作用が出た方なども医薬部外品の育毛剤を試して下さい。

育毛分野の研究は日々進歩しています。厚生労働省には認められていませんが、実際に育毛効果があると分かっている成分も数多く存在します。

どのような育毛剤を使用してよいか分からない場合は当サイトで紹介している商品の購入を検討してみて下さい!